暑い!愛媛県内でも今年初の真夏日観測

テレビ愛媛 地域

15日の県内は各地で「7月上旬並み」の暑さとなり今年初めて30度を超える『真夏日』を観測した。公園で遊ぶ子供たちも「ムチャクチャ暑い!」「汗がいっぱい出ました」と額に汗を流しながら答えるほど。15日の愛媛県内は強い日差しが照りつけ午前中から気温がグングン上昇。最高気温は大洲市で30.9度、鬼北町近永で30度を観測し、県内で今年初めての「真夏日」となりました。また松山で29.5度、西予市宇和で29.4度など県内ほとんどの地点で今年一番の暑さを記録。気象台によるとこの暑さは金曜日ごろまで続きそうだという。