かわいい!ペンギンのヒナ 上越市の水族館で人気 

カテゴリ:地域

上越市立水族博物館うみがたりでは、マゼランペンギンのヒナたちが人気を集めている。

(訪れた人)「小さくてかわいかった」

去年6月のオープン以降初めての繁殖シーズンで、3月から17日までに19羽のヒナが誕生。このうち3羽が「令和生まれ」で、こちらは今月3日に生まれたヒナ。ヒナは灰色の羽毛が特徴で、生まれて2ヵ月もすると、親と同じぐらいの大きさまで成長し、水中を泳ぐこともできるようになる。

(訪れた人)「赤ちゃんは初めて。毛もあんなにフサフサしてるんだなと」

施設の建替えに伴い、ふ化を中止していたため、2年ぶりのヒナの誕生で、水族館も期待を寄せている。

(うみがたり担当者)「まだ卵をあたためている親もいるので、あたためているところや、小さいヒナやプールで泳ぐヒナなど楽しめる」

繁殖シーズンは来月まで続き、来年の夏ごろには白黒はっきりとした模様になるという。