大人気秋田犬のぬいぐるみ 秋田県大館市のふるさと納税返礼品に検討

秋田テレビ カテゴリ:地域

平昌オリンピックフィギュアスケート女子金メダリストのロシアのアリーナ・ザギトワ選手に贈られた秋田犬マサルをモデルにした人形が秋田県大館市のふるさと納税の返礼品に来月から加わることが決まった。

ザギトワ選手に贈られた雌の秋田犬「マサル」がモデルのぬいぐるみは秋田県大館市の秋田犬保存会が制作し今月3日に販売を始めた。販売数はわずか1週間余りで

2000体。予想を倍以上超える人気商品となっている。この人気を受け秋田犬保存会は11日秋田犬のふるさと大館市にふるさと納税制度の返礼品に加えてもらうよう提案していることを明らかにした。早ければ来月1日から加わる。

人気が高まる一方で最近マサル人形が一部のネット通販サイトで通常価格の倍の高値で取引されるなど問題も生じている。

秋田犬保存会遠藤敬会長は「マサル人形の人気に乗じて販売するのは残念。個人の利益に使われるのは遺憾。」と話している。

保存会では類似品などにも注意を呼びかけている。

なお総務省は11日ふるさと納税制度について返礼品の調達価格を寄付額の3割以下とするなどとした通知を各自治体に出したものの受け入れない自治体があるとして

抜本的に見直すことを明らかにした。受け入れない自治体に大館市は入っていないが市はマサル人形が返礼品に加わったとしても総務省の基準に沿う形で寄付を募ることにしている。