「局地激甚災害」に最上1町3村指定・18年の豪雨被害で戸沢村など 山形

さくらんぼテレビ カテゴリ:地域

山形県最上地方に大きな被害をもたらした去年8月の豪雨が「局地激甚災害」に指定された。復旧にかかる費用の国の補助率が引き上げられる。

政府は15日の閣議で、去年までの2年間に全国で発生した豪雨や地滑り7件を「局地激甚災害」に指定することを決めた。県内では去年8月の豪雨で大きな被害があった舟形町・大蔵村・鮭川村・戸沢村の最上地方の4つの自治体が対象。

「局地激甚災害」に指定されると、自治体が実施する道路や農地などの復旧事業に対し、国の補助率が最大で9割程度まで引き上げられる。県によると、補助の対象となる被害額は舟形町が5億7000万円、大蔵村が2億7100万円、鮭川村が1億7200万円、戸沢村が1億6800万円。

今回の指定を受け、吉村知事は「速やかな復旧につながるものと期待している」とコメントした。