通学路の交差点で安全運転呼びかけ 長野市

カテゴリ:地域

11日から「春の全国交通安全運動」が始まり、長野市では通学路の交差点で安全運転を呼びかけた。

北長野駅前の交差点では警察や交通安全協会など約30人が、信号待ちのドライバーや登校する児童にチラシを配り注意を呼びかけた。滋賀県で園児2人が死亡するなど幼い子どもが巻き込まれる事故が相次ぐなか始まった交通安全運動。「通学路と生活道路の安全確保」と「歩行者保護の徹底」に重点を置き各地で注意を呼びかける。長野中央警察署小林博交通第二課長は「ドライバーはしっかり信号を確認し運転に集中することが必要」と話した。県内では今年交通事故で22人が死亡していて、4割が歩行者という。交通安全運動は20日まで行われる。