岩肌に浮かぶ観音様 小豆島に「夏至観音」現る 【香川・小豆島町】

カテゴリ:地域

香川県の小豆島でこの時期だけ見られる観音像が岩肌に姿を見せ話題となっています。

時間とともに岩肌に浮き上がるのは高さ約3メートルの観音様。頭を少し右に傾け錫杖と呼ばれる杖を持っているように見えます。標高280メートル、香川県小豆島町にある小豆島霊場1番札所の洞雲山では毎年この時期岩肌に観音像が現れます。お遍路さんが撮った記念写真に観音像に見える背景が偶然写っていたことから話題となりました。岩の形と夏至の強い日差しが織りなす観音像、見えるのは夏至を挟んだ50日間、午後3時過ぎから数分間だけとあって、ご利益を求める観光客やお遍路さんが見学に訪れカメラに収めていました。洞雲山によりますと夏至の前後の1週間が最も美しい姿の観音像を見ることができるということです。