水島海保の男性機関士補 無資格で巡視艇運航 【岡山・倉敷市】

カテゴリ:地域

水島海上保安部の29歳の男性機関士補が機関長の資格を持っていないにも関わらず巡視艇を運航していたことが分かりました。

水島海上保安部に所属する巡視艇「みずなみ」を無資格で運航したのは29歳の男性機関士補です。男性機関士補は13日、休暇中の機関長の代理として海上で約1時間半、航路照会の業務にあたっていましたが機関長としての基準を満たしていませんでした。水島海保によりますと機関長は、4級海技士以上の資格と 一定の乗船年数が必要ですが、乗船年数が足りないことに第6管区海上保安本部との手続きで分かったもので、小型船舶操縦者法違反などの疑いで調査しています。水島海上保安部の福島武人部長は「国民の信頼を損ねるものであり、深く反省している。再発防止の徹底に努める」などとコメントしています。