旧病院敷地からヒ素とカドミウム

石川テレビ 地域

解体工事が進められている旧県立中央病院の敷地内から基準値を超えるカドミウムとヒ素が検出された。

旧県立中央病院の敷地内547地点で土壌汚染を調査した結果、基準値の2.8倍から5.2倍のカドミウム、また1.5倍から3.6倍のヒ素が検出された。

周辺の地下水への流出は確認されていない。

検出されたヒ素とカドミウムの量はいずれも健康に影響を及ぼすものではない。

県は汚染物質が検出された地点の立ち入りを禁止し土壌の除去作業に入る。