イージス・アショア配備 佐竹知事「県内の他の場所が候補地となった場合検討の余地ある」

秋田テレビ カテゴリ:地域

秋田県は27日秋田県秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が候補地となっている地上配備型ミサイル迎撃システムイージス・アショアの配備について防衛省から説明を受けた。これについて佐竹知事は28日県議会に報告し「県内のほかの場所が配備候補地となった場合検討する余地はある」とした。

防衛省は27日イージス・アショアについて今後の調査の結果秋田県秋田市の新屋演習場が配備に適さないとなれば他の国有地も候補地として検討する考えを示した。28日に開かれた秋田県議会各会派との県政協議会では議員からイージス・アショアに関する質問が相次いだ。

そして佐竹知事は「県内のほかの場所が候補地に上がった場合受け入れるつもりはあるか」という質問に対し「地域の理解が得られて常識的に一定の距離が保てればそれはそれとして検討の余地はある。ほかにふさわしい土地があるかどうか県も調べているがそう簡単ではない」と述べた。

防衛省は来月 演習場の地質・測量と電波環境を調査する業者を決め今年度末までに調査結果を出す。