地上イージス 穂積秋田市長「原点に戻って適地再検討を」

秋田テレビ カテゴリ:地域

地上イージス配備を巡り防衛省から説明を受けた穂積秋田市長は「再度原点に返り適地を検討し直すべき」と要望した。

防衛省は穂積秋田市長に対し今後実施する地質・測量・電波環境の調査で仮にイージス・アショアの新屋演習場への配備が「適さない」となった場合に備えて県内や周辺の国有地も検討していくと説明した。この方針に対し穂積市長は他の国有地を配備候補地として検討する余地があるとすれば新屋への配備計画を白紙に戻すよう要望した。

 

要望に対し防衛省は「可及的速やかに配備するため新屋演習場の調査と平行して検討したい」と強調するに留まったが穂積市長は「ゼロに返って適地がないのか進

めるのが住民や我々に対して信頼関係を構築する一つの手段」と強調した。

説明を終えた防衛省の深澤雅貴大臣官房審議官は「地元の理解を得なければならないと思うし調査は進めなければならない。可及的速やかに配備する必要があるため地元に対しても理解を求めていきたい」と話した。

防衛省は今年度末までに配備が可能かどうかの調査結果を出すとしている。