国宝・松本城の天守閣で床磨き 長野・松本市

カテゴリ:地域

長野県松本市の松本城で桜が見ごろを迎えた13日、国宝の天守閣で床磨きが始まった。

「天守の床磨き」は今年で18年目。自分たちの手で国宝を守ろうと幅広い世代のボランティアが行い、小中学生は4月から9月の第1土曜日に行う。今年最初の床磨きには子どもと保護者70人が参加した。クルミと米ぬかを布で包んだ「たんぽ」で床をたたいてから強く押し当てて磨きあげる。松本城ではシダレザクラとコヒガンザクラが満開。ソメイヨシノが5分咲きと見ごろを迎えている。