海外観光客の拠点に 熊本市にツアープラザオープン

テレビ熊本 カテゴリ:地域

旅行客に必要な物の手配や情報発信など多様なニーズに対応する総合窓口が30日、熊本市にオープンしました。肥後銀行と県が共同で立ち上げた観光戦略会社『くまもとDMC』が開設した『ツアープラザKAMITORI』です。オープニングセレモニーで、くまもとDMCの村田信一会長が「インバウンドの動きを加速化させたい」と意欲を示しました。ツアーデスクの特徴は日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国語で対応できることです。レンタカーやベビーカーの手配や手荷物の預り、日帰りや1泊2日のツアー商品の販売などを行う他、県産品も販売。多くの中国人観光客が利用する電子決済にも対応し多様なニーズに応えます。「みなさん(ニーズが)一緒ではないので、フェーストゥーフェースで話を聞いて対応したい」とツアープラザの外山由恵総支配人。年間約1万人の利用を見込んでいます。