今年もおいしく完成「桃色どぶろく」・一足早く春を感じる 山形・村山市

さくらんぼテレビ カテゴリ:地域

山形県村山市で桃色のどぶろくの試飲会が開かれ、招かれた人は一足早い春を感じていた。

桃色のどぶろくは、特区制度を活用し、村山市の農家レストラン「こだま工房」が桃の節句に合わせ毎年この時期に作っている。14日の試飲会には、市や近くの農家から20人が招かれ、味を確かめた。

どぶろくは一般的に白いものがほとんどだが、こちらでは企業秘密というオリジナルの酵母を使ってきれいな桃色に仕上げている。今年は酒米の出来が良く、香りや甘みが強さは例年以上という。

(試飲した人)

「のどごし、香り、ふわっとしている」

「これは他にはない色。物産で売り歩いても自慢しておすすめできるのはこういう手作りの味」

(こだま工房・小玉郁子さん)

「お雛様の節句に合わせて作っているものなので、家族団らんで飲んでほしい」

桃色のどぶろくは16日から「こだま工房」の他、県内の道の駅やスーパーで販売される。