春…赤 初夏…黄 冬…濃い緑 天然記念物の七色樫色づく 岡山・鏡野町

カテゴリ:地域

1年に7回、葉の色が変わる珍しい木として親しまれています。岡山県鏡野町にある県の天然記念物、「七色樫」が今年も黄色く色づきました。

山あいにある鏡野町羽出地区。新緑の中、鮮やかな黄色い葉が里山を彩ります。幹の高さは約16メートル、推定樹齢は300年を超え、岡山県の名木100選、県の天然記念物にも選ばれています。この樫の木、ウラジロガシの一種で、春は赤、初夏には黄色、冬には濃い緑になり、7回変わることから虹の木とも呼ばれています。晴れて風の弱い日は、水を張った田んぼに樫の木が映り、逆さ七色樫も楽しめます。四季を通じて、葉の色が7回変わる七色樫、これから葉は黄緑色に変わり、夏の里山を彩ります