西日本豪雨 広島県に宮崎県警緊急災害警備隊を派遣

テレビ宮崎 カテゴリ:地域

西日本豪雨の被災地では、行方不明者の捜索が続いています。

宮崎県警から2回目となる緊急災害警備隊が派遣されました。

派遣されるのは、県警の緊急災害警備隊の若手警察官など26人です。

出発を前に、警備第二課の久米田勇二課長が「現地の期待に応えられるよう救出救助を頑張ってください」と挨拶しました。

県警では、今月8日からきのうまで、広域緊急援助隊を広島県に派遣していて、今回は2度目の派遣です。

甲斐小隊長は「被災地では想像を超えるような被害が出ていますので、少しでも被災地のため被災者のためになれるような活動を一生懸命がんばっていきたい」と話しました。

派遣期間は、今月17日までの5日間で、広島県の被災地で行方不明者の捜索や救出救助活動にあたります。