繁藤山崩れ慰霊祭 高知

60人が犠牲となった高知県香美市繁藤(しげとう)の土砂災害から5日で46年です。現場では大雨が降る中、慰霊祭が行われました。

大雨に見舞われた香美市土佐山田町の繁藤地区。テントに覆われた慰霊祭の会場も水浸しとなっていました。

1972年7月5日、集中豪雨によって大規模な山崩れが何度も発生し救助にあたっていた住民や消防団員60人が巻き込まれ亡くなりました。

あれから46年。5日の慰霊祭には遺族や地元住民およそ70人が出席し玉串を捧げ追悼していました。

参列者は土砂災害の恐ろしさを思い起こし降り続く雨に警戒を強めていました。