高知の突風「竜巻」と推定 ハウス13棟損壊

台風7号の影響で高知県内は大気の状態が不安定となり、突風が発生しました。

調査の結果、気象台は「竜巻とみられる」と推定しています。

安芸市穴内では3日午後0時半ごろ、風速40メートルの突風が発生し、農業用ハウス13棟が大きく損壊しました。住民の話によりますと「台風の音とはまた違う、ゴーという音がした」ということです。

高知地方気象台は4日現地調査を行い、被害が帯状になっていたこと、突風が1分程度だったことから竜巻だと推定しています。