男児意識不明の事故で仙北市が看板設置へ

秋田テレビ カテゴリ:地域

11日秋田県仙北市で小学生の男の子2人が用水路に流された事故を受け市は12日対策会議を開き現場近くに注意を促す看板を設置することを決めた。

この事故は11日秋田県仙北市角館町の「抱返り渓谷」の玉川で男の子2人が川につながる用水路に流されたもので千葉県八千代市の10歳の男の子が現在も意識不明の重体となっている。

この事故を受け仙北市は12日緊急の対策会議を開き門脇光浩市長をはじめ幹部職員など合わせて7人が今後の対策について話し合った。

市は抱き返り渓谷の散策は制限しないものの今後注意を促す看板を設置し散策路には用水路など危険な場所があることを呼び掛けていく。