凍った路面で8台絡む多重事故 長野・富士見町

長野放送 カテゴリ:地域

長野県富士見町の国道で13日夜、凍った路面で乗用車など8台が絡む多重事故が起きた。

午後9時頃、乗用車のスリップによる追突事故をきっかけに後続車や反対車線の車が相次いで衝突した。トラック3台乗用車5台が絡む多重事故となり70代男性が搬送されたが軽いけがだった。現場は緩いカーブで当時路面が薄い氷で覆われる「ブラックアイスバーン」の状態だったという。この事故で現場周辺の国道20号線は午前0時過ぎまで3時間余り通行止めになった。