JR線路で男性死亡 通勤通学8300人に影響 長野・松本市

長野放送 カテゴリ:地域

長野県松本市のJR篠ノ井線で13日早朝、男性が死亡する事故があり通勤通学の約8300人に影響が出た。

JR北松本駅に隣接する篠ノ井線で午前6時すぎ、松本駅方面に向かう回送列車の運転士が線路に倒れた男性を見つけ急停止した。警察によると、男性は既に死亡していたとみられ約20分前に通過した貨物列車にひかれた可能性があるとみて調べている。回送列車はその場で2時間停止し、普通列車と快速列車が区間運休。また、篠ノ井線と大糸線で特急を含む29本に最大1時間50分の遅れが出た。JRによると通勤通学の約8300人に影響があった。