県内8日夕方まで大雨に警戒を 五木村で総雨量500ミリ肥え

テレビ熊本 カテゴリ:地域

県内は、活発な前線や湿った空気の影響で大雨となり、球磨郡五木村では、降り始めからの雨量が500ミリを超えました。土砂災害への厳重な警戒が必要です。

九州にある前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み大気の状態が不安定になっているため県内では昼すぎにかけて局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降る予想です。

今月4日の振り始めから8日午前11時までの総雨量は五木村で516ミリ、山江村で434ミリなどとなっています。天草市や人吉市、球磨郡の各地に「土砂災害警戒情報」が発表されています。

この大雨の影響で、球磨郡球磨村の国道219号線で土砂崩れにより一部の区間で現在も通行止めとなっています。

県内では午前11時現在、9市町村で3万1236世帯、7万3212人に「避難勧告」が出されています。

『九州新幹線』は熊本ー鹿児島中央間で一時運転を見合わせましたが現在は運行しています。

『JR肥薩線』の八代ー吉松間と『くま川鉄道』は始発から運転を見合わせ。

『九州自動車道』八代JCー人吉間で上下線ともに全面通行止めとなっています。