秋田県民に愛され50年 「大いなる秋田」を3000人で大合唱

秋田テレビ カテゴリ:地域

作曲からこ50年を迎える「大いなる秋田」を3000人で大合唱する特別公演が,10月に秋田市の秋田県立体育館で開かれる。それを前に7日、関係者が県庁で公演をPRした。

「3000人の大いなる秋田」と題した特別公演は、秋田県立体育館の開館50周年と秋田県吹奏楽連盟の創立60周年を記念して開かれる。4楽章で構成される「大いなる秋田」は50年前の1968年に明治100年を記念して作られた曲で、当時完成間もない県立体育館で初めて演奏された。今回は第1と第2楽章を一般公募する合唱団が歌い、第3楽章の「県民歌」と第4楽章の「県民の歌」の合唱には、当日の来場者にも参加してもらう計画。合唱団の公募は8月末まで秋田県総合公社で受け付ける。特別公演は10月8日「体育の日」に開かれ、主催者は「多くの県民と合唱しこの先も歌い継いでもらいたい」と話す。