酒酔い運転で衝突事故 衝突されたタクシーの乗客死亡

鹿児島テレビ 地域

2日未明、鹿児島市の交差点で軽自動車とタクシーが衝突し、タクシーの乗客が死亡した。警察は軽自動車を運転していた59歳の男を、酒に酔った状態で車の運転をしていたとして酒酔い運転の現行犯で逮捕した。

警察によると2日午前3時40分ごろ、鹿児島市東谷山5丁目の交差点で、軽自動車とタクシーが出合い頭に衝突する事故があった。この事故でタクシーの乗客、鹿児島市清和2丁目の野澤寛実さん(48)が頭を強く打ち病院に運ばれたが、約1時間20分後に死亡した。

警察は事故後の状況から、酒に酔って車を運転していたとして鹿児島市喜入瀬々串町の自営業、追立勇三容疑者(59)を酒酔い運転の現行犯で逮捕した。現場は住宅街の交差点で信号機はなく、追立容疑者の軽自動車側に一時停止の標識があったという。