秋田県大館市の71歳男性が熱中症で死亡 秋田県内で熱中症による死亡者はことし初

秋田テレビ カテゴリ:地域

厳しい暑さが続いている中7月31日秋田県大館市に住む71歳の男性が熱中症で亡くなっていたことが分かった。

秋田県内で熱中症やその疑いで死亡したのはことし初めて。

7月31日午後5時30分ごろ買い物から帰ってきた秋田県大館市に住む71歳の男性が自宅の布団の上で転倒したと消防に通報があった。救急隊が到着した際男性に意識はなく体温は42度を超えていて男性は病院に搬送されましたが約1時間後に熱中症で亡くなった。

秋田県内で熱中症やその疑いで死亡したのはことし初めてで7月31日大館市の最高気温は34.6度と猛暑日に迫る厳しい暑さだった。

熱中症の疑いで搬送された人は高齢者が多く家の中で症状を訴えている人がほとんど。