まんが甲子園 本選出場校決まる

高知市で8月に開催される高校ペン児の祭典「まんが甲子園」の本選出場校が22日発表されました。

今年の予選テーマは「仮想〇〇」と「フェイクニュース」で国の内外から301校の応募がありました。このうち県勢は16年前と並ぶ過去最多の31校、海外勢は韓国・台湾・シンガポールの29校から作品が寄せられました。

プロの漫画家を含む6人が審査にあたり国内から30校、韓国・台湾・シンガポールから1校ずつ本選に出場する33校が決まりました。

県勢は土佐女子・高知東工業高知商業・高知工業の4校です。

土佐女子高校の作品は百獣の王になりきる仮想現実の世界。でも実際は…危ない!ウサギが肉食動物に囲まれています。

高知工業高校の作品は仏像がさらなる信者獲得を目指しムキムキの身体に思いを馳せています。

本選大会は8月4日と5日高知市文化プラザかるぽーとで行われます。なお本選出場作品はまんが王国・土佐のポータルサイトで確認できます。