富山大学附属病院 がんの疑いを見落とし

カテゴリ:地域

去年、富山大学附属病院で行なわれた放射線の画像診断、CT検査で、新たながん腫瘍の可能性が示されたにも関わらず、担当医師が報告書の適切な確認を行わず、患者の容態を悪化させていたことが分かりました。

これは16日、病院幹部が会見を開き明らかになったものです。

それによりますと、過去に附属病院の泌尿器科で手術を受けたがん患者が去年の春、CTの定期検査を受けた際、放射線科の医師が報告書で新たな腫瘍の可能性を指摘していましたが、担当の泌尿器科の医師がその部分を見落とし、専門の診療科に紹介するなど適切な手続きをとっていませんでした。

この患者は去年の夏ごろから体調不良を訴え、再びCT検査を受けたところ、新たながんが進行した状態で発見され、春に実施したCT検査の報告書にこのがんの腫瘍の可能性が示されていたことがわかりました。

その後、患者は今年の年明けに亡くなりましたが、病院は今回の見落としと死因に直接の因果関係はないとしています。

病院は、今後再発防止のためにカルテなどの報告をチェックする専門職員を配置するなどの措置を取るということです。