タイ人殺害で男に懲役15年 長野・小諸市 

長野放送 カテゴリ:地域

タイ人男性を殺害した罪などに問われていた男に、長野地裁は懲役15年の実刑判決を言い渡した。判決を言い渡されたのはタイ国籍のコーセーン・チンナポップ被告(27)で、去年4月、小諸市のアパートで、知り合いのタイ人男性(37)の胸や首などを包丁で刺し、殺害したとされている。12日の判決で室橋雅仁裁判長は「強い殺意に基づく危険で執拗な犯行」と指摘。警察に出頭していることを考慮し、求刑の懲役18年に対し、懲役15年の判決を言い渡した。