茶臼山動物園で“バレンタインイベント” 長野 

長野放送 カテゴリ:地域

長野市の茶臼山動物園では、一足早いバレンタインデーイベントが行われ、家族連れでにぎわった。

「ちょっと早いですけどバレンタインのプレゼント茶太郎君からです」

動物園のマスコットキャラクター「茶太郎」が配ったのは、「チョコレート」。ゾウの餌やり体験では、食パンがハート型に!

(訪れた子ども)「楽しかった。ハートとか投げたところとか」

ハートの中には、レッサーパンダが。バレンタインデーまでの期間限定の飾りつけ。

(訪れた人)「ハートの中に入ったレッサーパンダ可愛すぎる」

こちらのレッサーパンダは、「ロン」13歳。人工保育で育ったので人懐っこく、休日の「お散歩タイム」では、触れ合いや、一緒に写真を撮る事もできる。

(訪れた人)「毛も長くてフワフワですごい可愛かった」

ただ13歳と高齢なため、3月末で「お散歩タイム」は終了することになり、惜しむ声も聞かれた。

(訪れた人)「悲しい、もっとやって欲しいけどロン君も年だからしょうがないと思う」

(茶臼山動物園・田中宏さん)「ぜひ残りわずかですが、土日祝日に来ていただき、いっぱい思い出を作っていただきたいと思う」