台湾のアーティストが住民と芸術作品を制作 香川・小豆島

カテゴリ:地域

香川県の小豆島では瀬戸内国際芸術祭の参加アーティストが

14日、地元住民を対象にワークショップを開きました。

ワークショップを開いたのは土庄町でアート作品を制作している台湾の作家林舜龍さんです。

ワークショップには小豆島全域から30人が参加し、

林さんの作品の入り口に飾る風鈴用の羽を作る作業にあたりました。

参加者は林さんの指導の下細い竹ひごを楕円形にして紙を貼って羽を作り、

思い思いに絵を描いていきました。

ワークショップで作られた羽は台湾の小学生が作った羽と一緒に林さんの作品に飾られるほか、

芸術祭の期間中入場者にも羽を製作してもらうことになっています。