立憲民主党県連合 県議補選候補者擁立を見送り

テレビ熊本 カテゴリ:地域

立憲民主党県連合は23日、熊本市で常任幹事会を開き、来月行われる県議会議員の補欠選挙について、候補者の擁立を見送ることを決めました。

常任幹事会には衆議院議員の矢上雅義代表や新たに立憲民主党に入党した県議の鎌田聡代表代行ら4人が出席。

県議会議員補欠選挙の対応について協議し、候補者の擁立を見送ることを決めました。

見送った理由については補欠選挙が行われる熊本市第二選挙区は現職の鎌田県議の選挙区であるため、

来年春の県議選も考えた場合、「複数での戦いは難しくなる」と判断したということです。

一方で、来年春の県議選については県内で10人の公認・推薦候補の擁立を目指すということです。

2つの議席を争う県議会議員熊本市第二選挙区の補欠選挙は来月13日告示、22日投開票です。