早咲きのヒマワリ10万本 高知

高知さんさんテレビ 地域

今年は過去最高の高さ!今、高知県土佐市で毎年大人気の早咲きのヒマワリが咲き始めています。土佐市出間の畑では、90アールの広さにおよそ10万本のヒマワリが植えられています。

6月上旬から咲き始めたばかりでまだ3分咲きということですが、空に向かって凛と咲くヒマワリは、訪れた人を魅了していました。

ヒマワリを育てているのが、ネギ農家の松本都一さんです。松本さんはここで30年以上ネギを育てながら、一人でヒマワリの世話をしています。ヒマワリの茎がネギの肥料となり、畑の土づくりの役目を果たしてくれることから、松本さんは18年前にヒマワリを植えはじめました。

そんな本業を上回るほどのヒマワリを一目見ようと、ここには毎年多くの人が訪れ、多い時では1日に5000人以上もの見物客がヒマワリを楽しむ人気スポットとなっています。

今年は例年に比べ背が高いヒマワリが育っています。土地改良を行ったことで今年のヒマワリは過去最高の出来栄えに育ったといいます。

早咲きのヒマワリの見頃は6月いっぱいまでです。