ベニズワイガニ約600杯が即完売

富山テレビ カテゴリ:地域

地元の旬の魚を集め、販売するイベントが黒部市で開かれました。

魚の駅「生地」で開かれた春のうまいもん市には黒部港などから運ばれた新鮮な魚介類が並び、17日朝から1500人を越える人が訪れ、賑わいを見せていました。

なかでもベニズワイガニには開店前から行列ができ、約600杯がすぐに完売したということです。

店内では旬のホタルイカなども販売され訪れた人は漁協の直営店ならではの新鮮な海の幸を買い求めていました。魚の駅「生地」では来月7日に刺身や焼き魚の定食を楽しめる「朝市」を開催する予定で、担当者は「こうしたイベントを通して、地元の魚の消費につながれば」と話していました。