「麦秋」の時期到来 佐賀平野で大麦収穫ピーク

カテゴリ:地域

「麦秋」を迎えた佐賀平野で大麦の刈り取りがピークを迎え、農家が収穫作業に追われている。

このうち、佐賀市諸富町の約90アールの畑では、黄金色に色づいた大麦をコンバイン3台で刈り取っていた。

JAさがによると今年は冬場の気温が高かったことから例年より背が15センチほど高く、収穫も1週間ほど早まりこれまでで最も早い時期の収穫ではないかという。16日収穫された大麦は「サチホゴールデン」という品種でビールの原料になる。

【生産者重松泰朗さん】「今年の大麦は暖かかったので非常に良い出来。ビールの原料になるのでみなさんにおいしいビールを飲んでいただけたら」

大麦の収穫が終わると5月下旬にかけて小麦の収穫が始まる。