人気の秘密は 時間無制限の食べ放題

富山テレビ カテゴリ:地域

食べ放題で人気を集める全国チェーンのレストランが15日県内で初めて富山市のショッピングセンターにオープンしました。

土日祝日は1日1000人以上の集客を見込んでいるということです。

生地から作る本格、窯焼きピザに、アツアツ、できたての味が楽しめるパスタ、オープンキッチンでシェフが腕を振るう鉄板料理、そして、手作りスイーツから様々なドリンクまで100種類以上のメニューから好きなものを好きなだけ食べられるバイキング形式のレストラン。

富山市堀川町のショッピングセンターマイプラザにオープンした「神戸クック・ワールドビュッフェ」全国22店舗目、県内では初出店です。

最大のウリはランチタイムとディナータイムそれぞれ「時間無制限」の食べ放題、そして、平日は女性で、税別1000円の

15日は260席を超える店内が満席の状態で、この店にはこれだけの人を集め続ける独自の仕組みがあるといいます。

神戸物産神戸クック事業部の松村敦子部長は「仕入れ力を生かした原料のコストダウンができますのでそちらが強いかと思います」と話していました。

店に食材を供給するのはフランチャイズ元の兵庫県の企業、神戸物産。全国で800を超える食品量販店と21の自社工場を持ち、規模のメリットを生かした材料費のコストダウンが最大の強みです。

ビジネスモデルのイメージを一般的なレストランと比べるとメニューを一括して調理するバイキング形式は人件費が抑えられるうえに材料費のコストダウンで、例え、時間を無制限にして1人の客がたくさん食べても利益を確保することができるのです。

リーズナブルな価格に加えて常に出来立てのメニューを提供することや2か月ごとに世界各国の料理フェアを開いたりすることで客の満足度を上げリピーターにつなげる戦略です。

目標は、1日あたりの客が多い日で1000人を超える月2万5000人ペース、この集客力に今回、テナントを提供した施設側もショッピングセンター全体の利用者増加が見込めると期待しています。

規模のメリットを生かしたバイキングレストラン、県内2号店の準備も進めているということです。