いざ!インターハイへ

サガテレビ 地域

 佐賀県からのインターハイ出場校が出そろいました。

 全国への切符をかけ、およそ7300人が熱い戦いを繰り広げた佐賀県高校総体は6月5日に閉幕しました。

 最終日はサッカー男子の決勝が行われました。

 雨の中行われたサッカー決勝は佐賀東と龍谷の対戦。

 佐賀東は前半9分、中央からフォワードの福田が豪快なミドルシュートを決めると、20分にも福田が追加点。

 一方、龍谷も1年生松尾のボレーシュートが決まり1点差で前半を折り返します。

 しかし後半、福田のハットトリックとなるゴールなどで突き離した佐賀東。

 4対1で龍谷を破り、3年連続14回目のインターハイ出場を決めました。

 女子は、神埼が9年連続9回目の優勝を果たしました。

【その他の競技結果】

 ラグビーは佐賀工業が43年連続の出場。

 バレーボールは男子の佐賀学園が2連覇、女子の佐賀清和は2年ぶりの出場です。

 卓球女子は敬徳が初優勝、柔道女子は佐賀工業が初優勝です。

 相撲は唐津工業が初優勝、新体操は男子の神埼清明が36連覇、女子は佐賀女子が42連覇を飾りました。

 テニス男子は早稲田佐賀が初の連覇、バドミントン女子は多久が初優勝です。

 ボート男子は唐津工業が初めての出場、アーチェリー男子は厳木が11年ぶりの出場です。

 ボクシングは高志館が9年連続の優勝、少林寺拳法は武雄が男女そろっての優勝となりました。