撮った!ニホンイシガメの産卵 高知

高知さんさんテレビに視聴者から「近所でカメが今にもタマゴを産みそう」という情報が寄せられました。

高知県内某所にある田んぼのあぜ道に1匹のカメ。よくみると後ろ足で穴を掘って、卵を産んでいます。このカメ、実は四国や本州、九州に生息する希少な日本固有種「ニホンイシガメ」です。

高知県立のいち動物公園によりますと、体長20センチほどで産卵していることから、10年以上生きている個体と見られるということです。

「ニホンイシガメ」は環境省のレッドデータで準絶滅危惧種に指定されています。そのめずらしさから販売目的で捕獲される恐れがあるため、撮影場所について詳しいことは明かせませんが、見かけたらそっと見守ってあげてください。