縁起物求めて・・・“安市”にぎわう 長野・小布施町

長野放送 カテゴリ:地域

14日は成人の日。新成人を祝うかのように穏やかな1日となった中、長野県小布施町の神社境内では恒例の「安市」が開かれ縁起物を買い求める人で賑わった。小布施町の皇大神社で商売繁盛や五穀豊穣を願い、14日、15日と行われる安市。江戸時代にこの地で開かれていた日常品を売り買いする「市」が形を変えて残ったものといわれている。例年、2日間で5万人ほどの人出があり、14日も多くの人が縁起物のダルマやまゆ玉を購入していた。訪れた人は「娘が今年受験なので合格祈願を」、「今年は災害のない平穏な年になるように」と話していた。15日は、無病息災や家内安全を願う「火渡り神事」が行われる。