新人県議2人「自民党志士の会」入り 議長選へ会派駆け引き活発化

カテゴリ:地域

今月の県議選で当選した新人のうち無所属の2人が、第二会派の「自民党志士の会」入りを決めました。

「自民党志士の会・無所属の会」への会派入りを決めたのは、今月の県議選で初当選した保守系無所属・伊予郡選出の大政博文さんと、南宇和郡選出の中田晃太郎さんです。

2人は17日、議会控室で会派のメンバーと顔合わせをしました。

これで志士の会のメンバ-は11人になる見込みです。

保守系無所属の新人は、ほかに松山市・上浮穴郡選出の角田智恵さんが『愛媛維新の会』入りを決めています。

来月にも行われる議長選をにらみ、会派間の駆け引きが活発化しています。