国内初!CLT工法の温泉施設完成 高知

高知さんさんテレビ 地域

6月26日に高知県にリニューアルオープンする北川村温泉の建物が完成しました。国内で初めてCLT工法で建てられた温泉施設として注目されています。

温泉をなみなみとたたえた広い湯舟。ここは高知県北川村の北東部に位置する北川村温泉ゆずの宿です。老朽化に伴った建て替え工事が先月末に完了し、オープンを前に見学会が開かれました。

高知県の内外から建築関係者が見学に訪れる注目の理由は、CLTです。CLTとは、木の板を縦と横に交互に組み合わせた建築資材。今回完成した北川村温泉は、国や県の補助を受け北川村が8億6千万円をかけ新築しました。

全14室を構えた2階建てのバリアフリー設計で、腐食が心配される温泉設備などは鉄筋コンクリート造ですが、そのほか壁や屋根などは高知県産材のCLTパネルを使用。全て県産の木材で、うち半分は地元・北川村の木材が使われています。

北川村温泉ゆずの宿は、6月26日にグランドオープンします。