分水巡り野志市長が新提案 西条は拒否

カテゴリ:地域

西条市の県営黒瀬ダムからの松山分水問題で16日、

松山市の野志市長が西条市の玉井市長を訪れ、

改めて分水を巡り新たな提案をしたものの、

玉井市長は受け入れられないと回答しました。

松山市の野志市長は、

水問題解決の独自提案を玉井市長に手渡し

約20分に渡り説明しました。

松山市の提案は節水の取り組みの情報提供や

渇水緊急時の応援協定など3つで、

松山分水については補記の形で記載。

西条の地下水塩水化の抑制のため、

ダムの放流量を増やす試験放流の実施を

県に要請するなどとしています。

しかし補記について玉井市長は

「分水につながる提案は受け入れることが出来ないと」

回答したということです。

一方、野志市長は西条市と交流を続けるなかで、

分水を水源の選択肢に入れた状態で、

市議会と協議していくとしています。