地権者は抗議「認めない、調査はお断り」 沼津駅高架化事業 30日に立ち入り調査決定

カテゴリ:地域

沼津駅高架化を巡って沼津市が立ち入り調査を、10月30日から来月2日までの間に行うことを決めました。

市の決定に対し、事業に反対する地権者や市民グループは、12日、用地近くに設置している「見張り小屋」に集まりました。

他のグループと対応を協議する方針です。

地権者 久保田豊さん「とんでもない事だということ、ただそれだけ」

地権者や事業に反対する市民グループは、貨物駅の移転予定地近くに設置している見張り小屋に集まりました。

市が送った通知を確認した上で、対応を協議するということです。

久保田豊さん「認めない、入っちゃダメだって言ってるんだから、それでも入るんだから誰が決めたか知らないけど強制的に調査するのは私はお断り」

原貨物駅に土地を売らない地権者の会 加藤益久 事務局長 「調査については権利をもってやる調査ですから、それを妨害して絶対中に入れないことはできないと思う。ただ我々の思いを調査に来た人たちに伝えるということは、立て看板なりいろんなもので、やろうと考えてます」

会では数日中に事業に反対する他のグループと会合を持ち対応を決めたいと話していました。