静岡・登呂遺跡にコウノトリ飛来 福井から来た「りゅうくん」か 白い羽を休める姿に子供たちも感激

カテゴリ:地域

白い羽を休める体長1メートルほどの鳥。

静岡市駿河区の登呂遺跡の田んぼにコウノトリが現れました。

コウノトリは国の特別天然記念物に指定されている絶滅危惧種で日本野鳥の会によると国内に現在約140羽が生息しています。

小学生「白と黒の模様がきれいで、堂々とした姿だった」

静岡県内では毎年数羽確認されていて登呂遺跡に現れた個体は足輪の色とGPSの表示から、福井県から来たオスの「りゅうくん」とわかりました。

登呂遺跡の田んぼはザリガニやタニシが豊富で、りゅうくんものんびりと餌を探しているようでした。