認知症の女性を保護した女子大生の姉妹へ感謝状 佐賀

カテゴリ:地域

3月、佐賀市の路上で道に迷った認知症の70代の女性を保護したとして、大学生の姉妹に警察から感謝状が贈られた。

感謝状を贈られたのは、佐賀市大財に住む大学生の谷口瑠真さん18歳と凜夏さん20歳の姉妹。2人は3月30日午後8時ごろ、佐賀市大財の路上で自宅へ帰れなくなった70代の女性に道を尋ねられ説明しようとした。しかし、女性は認知症で自分の住所を説明できなかったため2人は「むやみに動かない方がいい」と思い、女性をその場に引き止め警察を呼ぶなどして保護したということだ。

谷口瑠真さん:人として当たり前のことをしたまでだと思うんですけど、早く家に帰れるようにしてあげられたらなと。

このほか、いずれも道に迷った高齢者の保護したとして、佐賀市の女性2人にも感謝状が贈られた。