「座禅・写経」密かなブームに 働く女性が参加 岡山県

岡山放送 カテゴリ:地域

仏教の修行、座禅や写経の体験会が13日、総社市の寺で開かれ

平日にもかかわらず働く女性たちが参加しました。

会を重ねるごとに増えているという参加者、その背景には何があるのでしょうか。

座禅。

姿勢を正して座り、心を整えて精神の統一を図る。

写経。

仏教の経典をひたすら書き写し仏の教えに触れる。

室町時代の画僧、雪舟が修行したとされる総社市の宝福寺で体験会が開かれました。

写経体験会は二月に1回程度、岡山県内の寺などで開かれていますが、

毎回、定員は ほぼ満員になるそうです。

需要の増加に対応しようと今回、初めて宝福寺で開きました。

また、10年以上前から宝福寺で行われている座禅体験の参加者も

年々、増えていて今や月に300件以上の問い合わせがあります。

ストレス社会の中、自分と静かに向き合う時間を取ろうと、

女性、特に働いている世代の参加が増加。

また、新入社員のメンタル面でのケアを強化する狙いか、

研修に取り入れる会社も増えているそうです。

若者の寺離れが叫ばれる中、仏教の思想に興味を持つきっかけになればと

体験会の開始時間を遅めに設定したりと寺側も敷居を低くする努力を重ねています。

忙しい現代人が自分とじっくり向き合うきっかけに。

宝福寺での次の体験会は6月23日の予定です。