当選から一夜 打越さく良氏「寄り添う政治家になりたい」【参院選 新潟選挙区】

カテゴリ:地域

参議院選挙が21日投開票され、新潟選挙区では無所属で野党統一候補の打越さく良さんが激戦を制し、初めての当選を果たしました。

新潟選挙区では無所属で野党統一候補の新人・打越さく良さんが52万1717票を獲得。

自民党の塚田一郎氏に4万2000票あまりの差をつけ、初めての当選を果たしました。

【当選した打越さん】

「中央の権力との壮絶な戦いを勝ち取ったということは、本当に皆様の草の根の力だと思います。ありがとうございます!」

3期目を目指した塚田さんには、自民党幹部が連日応援に入り支持を訴えましたが、道路整備をめぐる「忖度発言」の影響を払拭できませんでした。

【敗れた塚田さん】

「私自身の発言により、大きなマイナスからのスタートとなりました。この結果はひとえに私のすべて責任でございます。誠に申し訳ございませんでした」

開票から一夜明け、打越さんは新潟駅前の街頭に立ち有権者に感謝の気持ちを伝えました。

【打越さん】

「2時間くらい寝られました。高揚しているせいか疲れていないです。声を上げにくい方の声にしっかりと寄り添う政治家になりたい」

打越さんはその後事務所で新聞各紙に目を通し、当選の喜びと責任の重さを感じていました。

また今回の投票率は55.31%で前回の3年前に比べ4.46ポイント下回っています。