迫力の自然現象 富士山でスラッシュ雪崩

カテゴリ:地域

5日、富士山で気温の上昇や雨によって起こるスラッシュ雪崩が観測された。

下流の監視カメラがとらえた。

国土交通省富士砂防事務所が富士宮市に設置しているライブカメラが上流から激しく雪崩が押し寄せてくる様子をとらえた。

富士砂防事務所によると、5日午後3時40分ごろ富士山の標高2200m付近の大沢崩れでスラッシュ雪崩が起きた。

雪崩は土砂などを巻き込み標高約1200m地点まで下った。

人への被害はなかった。

スラッシュ雪崩は気温が上がる3月から春先にかけて富士山で毎年起きていて今回は5日に降った雨や気温の上昇が原因とみられている。