空中アクロバットは息をのむ美しさ! ボリショイサーカス 13日に長岡市で開幕【長岡市】

カテゴリ:地域

長岡市のアオーレ長岡で12日、練習を行っていたのはロシアのサーカス団、ボリショイサーカスです。

およそ2ヶ月にわたって全国各地をまわりますが、初日は13日のアオーレ長岡です。

1958年の来日以来、定期公演を続けるボリショイサーカスの主役は人間だけではありません。

クマがダンスをしたり、1本の綱でバランスをとったり・・・。

また人と馬が一体となってステージ上を駆け回ったりと、動物たちがみせる曲芸はボリショイならでは。

そして10メートル以上の高さで華麗な技を披露する、空中アクロバットは息をのむ美しさ。

アオーレ長岡のアリーナは、状況に応じた使い方ができる収納式の客席となっていて、ステージとの距離の近さが自慢です。

ボリショイサーカスのアレクサンドル・アグルツォフ団長は「また長岡でやれてうれしいです。サーカス団もみんな明日に向けて練習を頑張っています。大きな声援を待っています」と話しました。