秋篠宮さまトマト農家をご視察 ハウスや暖房について熱心に質問 農家「また旬の頃に食べに来て」

カテゴリ:地域

秋篠宮さまは26日、農産物の品質向上に力を入れる静岡県の農家を視察しブランドトマトの生産者のハウスでは、設備について盛んに質問をされていました。

秋篠宮さまは農業の発展や振興を図る公益社団法人「大日本農会」の総裁を務められています。

焼津市では高糖度のトマト「アメーラ」の生みの親でもある農家の高橋章夫さんの温室を視察されました。

高橋さんがトマトの栽培方法などを説明すると、秋篠宮さまはハウスの大きさや暖房、換気扇などの設備について細かな質問をされたということです。

またアメーラを試食し関係者が「おいしい」と言うと、うなづかれていたということです。

トマト農家 高橋章夫さん 

「本当に光栄の至りです。3月、4月頃の『本当にこれトマト』というぐらい、おいしいトマトをぜひまた皇室の皆さんにも食べていただきたい」

また秋篠宮さまは今年3月にオープンした島田市の茶の都ミュージアムを訪れ、茶揉みをする機械「揉捻機」を見ながら説明を受けられました。