北陸新幹線のダイヤ…今年度末には全体の列車本数を100%まで回復させる方針 JR東日本

カテゴリ:地域

 JR東日本は台風19号で浸水被害を受けた北陸新幹線について、今年度末にはダイヤを100%に回復させる方針です。

 台風19号では長野県の千曲川が氾濫して「長野新幹線車両センター」で北陸新幹線の10編成、あわせて120両が浸水被害を受けました。

 現在、北陸新幹線は本数を減らして運転してますが、11月末に東京=金沢間を、今年度末には全体の列車本数を100%まで回復させるとしています。

 一方、JR東日本とJR西日本は浸水被害を受けた10編成全てを廃車にする方針です。

 このうちJR東日本が所有する8編成の帳簿価格は118億円で今後、会計処理について監査法人と検討するとしています。

 またJR西日本は2編成を廃車にすることによる損失額が30億円に上ると算出しています。