能登地方に伝わる正月の縁起物…『蓬莱』作りが最盛期 神棚などに飾り家内安全等を祈願 石川

カテゴリ:地域

 神棚や床の間などに飾られる正月の縁起物「蓬莱」の製作が、石川県中能登町で最盛期を迎えています。

「蓬莱」は能登地方に古くから伝わる正月の縁起物で、神棚や床の間に飾って家内安全や商売繁盛を祈願します。

 中能登町の切り絵作家・林栄美子さんの工房では、今蓬莱作りがピークを迎えています。

 今年は1000枚ほどの製作を予定していて、林さんは来年の干支・ネズミがデザインされた和紙を、丁寧にカッターで切り抜いていました。

 蓬莱は12月1日から、中能登町の道の駅などで1枚850円から1500円で販売されます。